時間管理スキルをあげるひとつの方法かも!?

【時間管理術とまではいわないけれど】

 1、やる気
 2、選択と集中
 3、創意工夫

はどうやったらうまれるかのお話。

とにかく「予定を詰める」が良いという。
予定を「詰め詰め」にして、前のめりになるからこそ
コケないように更に前向きになる、という
戦法とでも申しましょうか。

忙しいと、どうしたって
「選択と集中」を行わざるを得なくなる。
うん、それは確かよね。

結果として、
「単位時間当たりの密度」が高まって
「波及効果の高い」予定から優先して選択をしていかざるを得なくなる。

そうだそうだ。
予定いっぱいで忙しいときこそ
またはもっとリアルな例として
子どもを学校に、夫を会社に送り出す、朝のドタバタな時間こそ
たしかに優先順位をつけて取り組んでいるなぁと
思い当たるフシがある。

とはいえね。
本当に予定が詰まってくると、

 「選択と集中」

を心がけるだけでは、
考える時間、学ぶ時間、睡眠時間が確保できなくなる。

考える、学ぶ、寝る時間を確保するために、
あるいは、他の人に迷惑をかけないように、

 「創意工夫」

が生まれてくる、、、という流れです。

だからだと思うが、忙しい人ほど
いろんなことをしているように見えませんか?

私の残念な事例で申し訳ないのですが
予定を詰め詰めにしているときと
ガラ空きの一日では

「単位時間あたりの生産性」
「結果」

がまったく違います。

一日空いているから、勉強しよう、本を読もう、執筆に専念だ〜
と思っていても、忙しい日の隙間時間にやっている方が
悔しいけど進んでいます。

根が面倒くさがりが
見事に出てしまっていることもありますが。。。

ガラ空きの一日では
詰め詰めスケジュールで爆発的にうまれる
「選択と集中」「創意工夫」が発揮されていないのは確かです。

時間の余裕が気のゆるみに?

だから、もうちょっと、隙間が無いくらいに
予定を入れるようにしたいと思う。
とくに、自分の采配でキャンセルのきかない
「人と会う」や「コンサル(自分が受ける、人を引き受ける)」の予定をたくさん入れたいです。

何も入れない一日は、
しっかり休む日。

こうやって、単位時間あたりの生産性を上げつつも
仕事から頭を切り離した休息の日もしっかり取る。

午前中予定はあるけど、
午後は時間あるから〜
だらだら・・・

昨日は忙しかったけど、
今日はフリーだしね
だらだら・・・

なんてことやってたら
トータルでは均されて・・・

あーこわい。

「時間を制する者がビジネスを制し、人生も制する」のお言葉

なんとなく納得が行くうがいでした。

12月に入り忙しくなる年末こそ
選択・集中のスキル磨きに最適ね・・・なんて発想の転換をしなが
へこたれずに今月頑張っちゃいましょー!